派遣社員を辞めて自由に働こう
派遣社員で将来が見えない生活からおさらばし、会社なしで暮らせる環境へ

第一歩をメール講座にて配信中!まずは「月収10万円」を目指しましょう。

それを足掛かりにお金と時間を自由に使える人生へ

【当サイト訪問の方にアフィリエイト初心者用の教科書を無料プレゼント中です!】
下記バナーより期間限定で全て無料でダウンロードできます!
会社・仕事

10年仕事向いてないと思いながら続けて30代半ばで退職した話

Pocket

こんにちわ!アキです(^^

本日は仕事が向いていないと思いながら30代半ばで辞めた私の話をしたいと思います。実際の体験談ですので、参考にして頂ければ幸いです。

この記事は

  • 自分が10年仕事をやっていて向いてないと思ったこと
  • 向いてないと思いながら仕事を10年続けた理由
  • 10年続けて退職した後の話

を記載してますので、早速ご覧ください。

自分が10年仕事をやっていて向いてないと思ったこと

button-only@2x 10年仕事向いてないと思いながら続けて30代半ばで退職した話

私が30代半ばまで10年間仕事をしていて向いてないと思ったことについて説明します。

職場の体育会系の意識高いノリについていけない

まず私は正社員型派遣ということで派遣先が大手企業でそこで技術系エンジニアとして務めてきました。

そこの職場のノリがまあついていけなかったですね(^^;

体育会系のノリでしかもそこの社員さんは大手企業の社員さんのため意識がめちゃめちゃ高いんですね。

自分的には最初の方はまだやる気がありそれなりに頑張ってはいたんですが、派遣元の派遣企業がブラック企業そのものでモチベーションがあがりませんでした。

そんな中で一番きつかったので給料で正社員にも関わず時給制で1080円というとんでもなく安い給料で働かされていました。

派遣型正社員時代の給料明細をYouTubeアップしてますので、こちらもご覧ください。

30半ばにして手取り12万8000円…この給料で意識を高く仕事するのはさすがに無理でした。

また体育会系のノリで、

  • 上には絶対に意見できない
  • 朝が異常に早い(定時30分ぐらい前に出勤)
  • 飲み会では仕事の話しか上にめちゃめちゃ上司に気を使う

こんな感じのがめちゃめちゃ嫌だったですね。ちょっとした昭和のノリでした。

特に朝礼は業務上で不手際があると「ダメだししてこうことはするな!」という感じで上からの命令があり、上の人たちから意見しかでません。

もちろん若手も数多くいるんですが、若手が朝礼の時に意見するということは皆無でしたね。意見して目をつけられたらめんどくさいですしね。

上の人がただ一方的にしゃっべってる朝礼でしたね。

そしてそんな体育会系のノリでできない部下には陰でグチグチ「あいつは使えない」等の陰口があり、その職場を離れた後輩が以前会う機会があってこんなことを言ってました。

体育会系のノリに女子の職場の陰湿な部分を足した最悪の職場

ということを言ってました。それを聞いた時に私も「うん、的確な表現だな」と思ってしまいました(^^;

そして体育会系ということで朝がめちゃめちゃ早い。普通に定時の1~2時間前にぐらいにくる人もいます。

私も世間体でとりあえず定時の30分ぐらい前にはくるんですが、正直その間は給料が出ないので正直嫌でしょうがなかったですね。

派遣先の企業の人たちはそれなりに給料ももらって出世競争なんてものもあるので意識高くやってるみたいですが、正直ついていかなったです。

また飲み会の頻度も多く、その飲み会での話は99%が仕事の話。「あの仕事が大変だった」とか「あの仕事をまとめた」ただ自慢話も多く、非常にめんどくくさかったです。

もちろん上司と飲むときはめちゃめちゃ気を使うので、上司のお酒の量が少なくなってきたら「次何か飲まれますか?」などを聞いたりしてました。

お金も使い、気も使う…。

こんなノリなので、今の若い人はついていけずに3年以内に5割を超えて辞めていきましたね。

上から後輩の若い人にコミュニケーションを取るという事も少なかったですし…この手の体育会系のノリは令和を生きる若者にはついていけないということですね。

何はともあれ体育会系のノリについていけない人は多いはず。私も学生時代は運動とかはしてなかったので、この体育会系のノリはちょっと無理でしたね。

現場仕事の技術職で覚えることが多い

そして私が仕事に向いていないと思ったの技術系のエンジニアで現場に赴くことが多かったことです。工事現場などで現場事務所などで仕事をする感じですね。

ちなみに現場事務所というのがイメージがつかない人のために画像も貼っておきます。

button-only@2x 10年仕事向いてないと思いながら続けて30代半ばで退職した話

引用元:三和建設

よく工事現場なのでこういう建物を見かけますね。これは工事期間中に顧客の敷地内もしくはその近くに立てて現場作業する人たちが中で事務的な作業をするための建物です。

ですので工事が終わるとこの建物は解体されます。

現場系の仕事をしたことない人は見たことぐらいしかないでしょうが、中では結構な修羅場になっている時もあります。

職人さんや職人気質の人も多いので、仕事で言い争いになってものすごい気まずい空気になってる…なんてこともありますからね。

どうもこういう現場仕事の職人気質なところはついていけませんでしたね。

しかも現場仕事で客先で仕事をするということで、顧客に迷惑がかかるミスなどは絶対に許されません。ですので仕事のプレッシャーはマジで半端なかったですね。

技術系ということで覚えることも多く、本当に大変でした。仕事上でわからなかったことや不明点は宿泊先のホテルで調べたりしてましたし…。

時給1080円ではとてもやってられない感じでしたね(;´Д`)

私が向いてないと思いながら仕事を10年続けた理由

button-only@2x 10年仕事向いてないと思いながら続けて30代半ばで退職した話

私が仕事を向いてないと思いながら10年続けた理由についても説明していきます。

仕事を続けることが正義と感じていた

まず、最初の頃は仕事を続けることが正義というように感じてました。

「辞めてどうなる…」

みたいな変な意地で仕事を続けていた時期もありましたね。こういう凝り固まった考えだったため、中々辞めるという考えになりませんでしたね。

頑張って仕事を続けることがかっこいい…

なんて思っていた時期も私にはありました。

ただ今は「終身雇用難しい」とトヨタの社長が言うように、終身雇用制度の崩壊を迎えています。

逆に会社に依存しすぎるのも危険なのです。

仲の良い同僚や上司もいたため楽しい時もあった

こんだけ仕事のモチベーションの上がらなかった私ですが、仲の良い同僚や上司もいたため楽しいこともあったのも事実です。

一緒に飲み行ったり、旅行に行ったりもしてこともあります。

やっぱりそういう楽しい仲間がいると嫌な仕事で何とか頑張れるということがありますよね。

嫌な上司と嫌な仕事…ストレス解消に飲みにいった回数は10年間で結構な数になると思います(;´∀`)

給料が安く生活がギリギリだったため辞めるに辞められなかった

また給料が安く仕事を辞めると生活できなくなるため、辞められなかったというのも事実です。

生活ギリギリで貯金もできない状況でしたからね(;´Д`)

辞めたくても辞めたら生活できない…辞めることができませんでしたね。まあ、前述した通りお金がなくてもストレスで飲みには行ってしまうんですけどね(^^;

この辺の甘さが逆に会社に長くいることになりました。ちゃんとコツコツと貯金をしていればこんなこともなかったかと思います

私のように辞めようと思っても金銭的な理由で辞められなかったという人も多いかと思います。

まだ務めて浅い人には言っておきますが、貯金するという事は非常に大事です。

辞めた後の生活費になることはもちろんですが、お金を増やすためにはお金にも働いてもらう必要があるからです。

会社に例えると設備を増設したり、人材の育成し利益の出せる人材を作ったり、仕事に必要な材料を買ったりと…

お金を投資しないと会社は運営できませんからね。

これは個人で稼ぐ場合も言えることです。お金があるに越したことはありません。

転職活動に挫折した

実は私は在職中にあまりに給料と待遇が悪かったため、転職活動もやっていました。

面接までいったのが何社かあるんですが、結局受からずに挫折してしまった…ということがあります。正直転職先がないと前述した通り、お金がなく仕事を辞められない状況でしたからね…。

そのまま転職活動は失敗し結局10年間ブラック企業に勤めることになります(;´Д`)

転職活動って意外にめんどくさいですからね。

転職サイトに登録して自分のプロフィールや自己PRを考えて、自分に合った会社があったら履歴書を書いて書類選考に受かったら、ようやく面接…。

中々仕事終わりの疲れた時にこのようなことはしにくいというのは事実です。しかし自分の一生がかかっているので、転職を考えている人は早めに行動に移すようにしましょう。

年齢を重ねるにつれて応募できる仕事や業種が少なくなってしまいますからね。

私のように向いていないと思う仕事を無駄に10年以上続けて、もう転職できる年齢ではない…なんてことにならないようにしましょう。

最後の方は惰性で続けていた

もう最後の方は惰性です。モチベーションも上がりませんでしたが、しょうがなく仕事をしていた感じでしたね。

この記事を読んでいる人はこういう人も多いのではないでしょうか。

向いてないと思いつつも何とかやっていけてるし、とりあえず続けている…こんな方も多いと思います。

でも向ていないと思ってるから、実は仕事は10年以上やってるけど辞めたいなんてこともあるかもしれませんね。

在職中にスキルを増やせば30代半ばで10年務めた会社を辞めても大丈夫

button-only@2x 10年仕事向いてないと思いながら続けて30代半ばで退職した話

そんなこんなで私は10年以上務めた会社を退職しました。

今は何をやっているかというと在職中にネットビジネスのスキルを磨き、ネットビジネスで生計を立てています(^^

副業という形でネットビジネス実践しながら学び、今は個人事業主として在宅で脳梗塞で倒れた母の介護をしながら働いています。

つまり10年務めた会社でも在職中にスキルさえ身につければ辞めても問題ないということです。

私は転職活動については失敗してしまいましたが、その後に副業からネットビジネスをスタート。仕事の終わった後に実践しながらコツコツと稼ぐスキルを身につけてきました。

稼ぐ方法については今の時代、ネットを探せがいくらでも出てきますからね。後はそのノウハウを愚直に実践しアウトプットするだけです。

そして焦らず月10万円を目指せばそこから世界を変えることができます。

私の稼いだ具体的なノウハウについては↓の「会社なしWorkingBook」とメルマガ講座にて公開してますので、是非手に取ってみてください。
現在は期間限定で無料公開中です。

「とりあえず10万円」これを目指して自由な世界へ羽ばたきましょう。

私が仕事終わりに副業ながら月10万円稼いだノウハウが完成しました!

アフィリエイト初心者でも0から学べる35以上のコンテンツであなたは会社の力なしで稼ぐ知識・ノウハウを得ることができます!

下記より期間限定で全て無料でダウンロードできます(^^

button-only@2x 10年仕事向いてないと思いながら続けて30代半ばで退職した話 期間限定ですので、興味があればこちらからダウンロードしてください。

この記事を書いた人:アキ(会社なしワーカー) button-only@2x 10年仕事向いてないと思いながら続けて30代半ばで退職した話

好き:お酒(ビール党)、野球(見る専)、温泉(一人で行くことも)

嫌い:パワハラ上司、飲み会で説教する奴、海藻類

会社なしワーキング管理人のアキと申します。

「親や家族の介護で会社で仕事が難しい…」「ブラック企業過ぎて今の会社が不安…」「上司等の人間関係で会社にいたくない…」 「でも仕事をしたい!」という方のために会社に依存しない会社なしで仕事をする…会社なしワーキングを提案しています。

世の中には家庭の事情や職場の関係で仕事を会社でできない・したくない人が多くいると思います。 しかしインターネットが発達したこの世の中で必ずしも職場に出て働く必要があるでしょうか? インターネットがあれば職場を持たずに「会社なしワーキング」ができるはず!

実際に私は年収270万円の正社員型派遣(特定派遣)の電気技術系エンジニアとして勤めていました。 しかし年収270万円&平気で嘘をつくブラック派遣会社だったため会社を辞めるためにネットビジネスの勉強を開始。

会社から脱出するための知識&収入を得たためブラック派遣会社から脱出し、脳梗塞で倒れた母の介護をしながら悠々自適に暮らしています。

「会社なしワーキング」に興味のある方は是非、私のプロフィールをご覧ください。

自己紹介を見る

私が仕事終わりに副業ながら月10万円稼いだノウハウが完成しました!

アフィリエイト初心者でも0から学べる35以上のコンテンツであなたは会社の力なしで稼ぐ知識・ノウハウを得ることができます!

下記より期間限定で全て無料でダウンロードできます(^^

button-only@2x 10年仕事向いてないと思いながら続けて30代半ばで退職した話 期間限定ですので、興味があればこちらからダウンロードしてください。

あなたのクリックが更新の励みになります! この記事が少しでも役立ったと思ったら、ブログランキングへ 投票頂けるとありがたいです(^^

button-only@2x 10年仕事向いてないと思いながら続けて30代半ばで退職した話 button-only@2x 10年仕事向いてないと思いながら続けて30代半ばで退職した話

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です